縮毛矯正-カット-カラーで5時間は時間かかり過ぎですか?

縮毛矯正と白髪染めの関係性
スポンサーリンク




縮毛矯正Q&A

Q,『カット,カラー,縮毛矯正で5時間かかったのですが…これは時間かかりすぎのように感じますが、どうなんですか?』

A,縮毛矯正-カット-カラーで5時間くらいかかります

カットで1時間,縮毛矯正で2時間~3時間,カラーで1時間~1時間半という時間配分で考えると4時間~5時間半ほどがこの3つのメニューをやる為に必要なだいたいな時間です

縮毛矯正はとてもデリケートな仕事

縮毛矯正というのは美容室のメニューの中で、とてもデリケートな仕事が要求される施術の1つです

ちょっとした失敗がとんでもない事になりやすい施術ですし、しっかりとした知識と経験が無いと難しい技術の1つです

そんなデリケートな施術の縮毛矯正だからこそだいたいカット込みで3時間~4時間ほどかかってしまうものです

もちろん早い方がお客さんの負担も減るので良いと思いますが、一つ一つの施術がもし雑になっているのであれば、それは失敗のリスクがとても高くなるという危険度が高まります

もちろんうまい美容師さんであれば短時間で綺麗にする方もいますが、施術の速さが縮毛矯正の上手い下手の基準ではありません

縮毛矯正の上手い下手は絶対に失敗しない事

縮毛矯正というダメージが多い施術なので、かかっていなかったという失敗は髪の毛に無駄なダメージを与えているだけです

失敗しないという事が縮毛矯正では最も大切な事なので、カットとカラーと縮毛矯正で4時間から5時間ほどというのは特別に長い施術時間ではありませんし、下手な美容師の仕事というわけではありません

縮毛矯正とカラーは同時にやること自体を勧めしない

縮毛矯正という美容室のメニューの中で最も髪の毛を痛めてしまう技術の1つです

そこにカラーを追加するという事は最も痛むメニューにさらにダメージを追加するようなものなのです

必ず同時にやらなくてはいけないメニューならばしょうがないのですが…絶対に同時にやらなければいけないメニューではない縮毛矯正とカラーはできるだけ別の日にやる事をお勧めします

『今のカラーや縮毛矯正なら同時にやっても大丈夫』と言う美容師もいますが…

今の技術というのは昔に比べればダメージや失敗が少なくなったのは事実だと思います

ですが…先ほどの説明をどう感じるかです

縮毛矯正とカラーを同時にやるのと別々にやるのどちらが髪の毛に負担がないと思いますか?

僕は単純に別々の方がダメージが少ないと感じます

髪の毛は一度痛んだら戻ってこない

髪の毛というのは一度痛んでしまうと元の綺麗な髪の毛には絶対に戻りません

それは髪の毛が死滅細胞でできているからです

綺麗な髪の毛を作る為には一回一回の施術をできるだけダメージを少なくする事です

そう考えると縮毛矯正とカラーを同時にするという事はあえて痛んだ髪の毛を作っている事と対して変わらない事なのです